小麦肌の方におすすめのファンデーション


暗めのカラーのファンデが見つからない…

小麦肌の女性

通常ファンデーションはいくつかのカラーが用意されていますね。しかし大半のメーカーは、実はたくさんあるようで半分以上が色白~標準の人向けのカラー展開だったりします。

ですから標準的な肌の人、やや色白の人は選択肢がたくさんあっても、やや暗め~色黒の人に合う色が全然ないということも珍しくありません。

中には標準的な明るさ・やや明るめ・明るめの3パターンしかない場合もあります。これでは暗めの肌色の方の選択肢がありませんよね。

生まれつき色黒の方だけでなく、健康的な小麦肌にするため焼いているという方も多いと思います。夏と冬で全然肌色が違うという方もいるでしょう。

ですから暗めの色のファンデの需要は結構あると思うんですが、意外と見つからないのが実情なんですよね。

そこで、地黒・小麦肌の方におすすめのミネラルファンデーションをご紹介したいと思います。

色黒向けのカラーも見つかるミネラルファンデーション

当サイトでオススメしているミネラルファンデの中でも、色展開が豊富で、なおかつ暗めの色も用意されているのは、

ヴァントルテ
オンリーミネラル
レイチェルワイン

です。

ヴァントルテは5色展開で、#NA(ナチュラル)が暗めの肌向けとなっています。

オンリーミネラルは9色展開で、日焼けした肌色向けなのはテラコッタです。ちなみにオンリーミネラルはそれぞれのカラーでツヤタイプ・マットタイプが用意されているので、全部で18種類の中から選ぶことが出来ます。

レイチェルワインは12色展開で、ウォームロゼが暗い肌向けとなっています。

小麦肌の方はこれらのカラーをチェックしてみてくださいね。

小麦肌の方のファンデの選び方・メイクのポイント

できるだけ白く見せたいからとちょっと明るめの色を選ぶ人もいますが、基本的には首の色に近い色を選ぶと失敗しないと言われています。

ミネラルファンデの良い所はブレンドして使えるという点です。一番暗い色だと暗すぎる、でもその上の色だと明るすぎるという場合は2色を混ぜて使ってみてはいかがでしょうか。

また色黒の方が白浮きしないためには、メイクの仕方も少し工夫すると良いです。

顔と首の色の境目がくっきりとしていると白浮きして見えやすいですから、ファンデを塗る時は顔の中心から端の方に向かってグラデーションになるようにして、境目をぼかすように塗りましょう。

ミネラルファンデーションの場合はブラシを使うため、境目をぼかしやすいと思います。また厚塗りにもなりにくいですから、色黒さんには向いているアイテムかもしれませんね。

また、肌が乾燥していてパウダーが馴染まず粉っぽくなってしまっても白っぽく見えてしまいますから、メイク前のスキンケアでは保湿をしっかりと行いましょう。

ただしミネラルファンデの場合、あまりべたべたの乳液やクリームを使ってしまうと粉のノリが悪くなってしまいます。保湿力は高いけどさらっとしたタイプのものを使うか、ファンデを乗せる前にティッシュオフするなどしてください。

夏と冬で肌の色が全然違うという方もいらっしゃるでしょうから、そうした方はファンデを使い分けなくてはいけませんね。

ミネラルファンデなら肌色に合わせて色をブレンドしてもいいし、色黒の時は明るいファンデはハイライトに、色白の時は暗いファンデはシェーディングに使うこともできるので便利ですよ。

ベースメイクで顔の印象は大きく変わりますから、ぜひ自分の肌色に合うファンデーションを探してみてくださいね。


ミネラルファンデーションおすすめランキング

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

小麦肌の方におすすめのファンデーション:関連ページ

紫外線対策できるミネラルファンデ
ミネラルファンデにしてから悩む紫外線対策 紫外線対策は一年を通して行うのが基本ですが、気温が上がって日差しも強 […]
初めてのミネラルファンデーション選び
初めてのミネラルファンデーションにおすすめなのは? ミネラルファンデーションの人気にともない、その種類はどんど […]
アットコスメ 口コミで人気のミネラルファンデーション
口コミサイトで人気が高いミネラルファンデは? 化粧品を購入する際、口コミはとても参考になりますね! 友人・知人 […]
汗に強く、崩れにくいミネラルファンデーションは?
よく汗をかく方におすすめ!レイチェルワイン 仕事柄よく動く方、スポーツをしている方など、汗でファンデーションが […]
ミネラルファンデ選びの基本
ノンケミカル・オイルフリーのものを選ぶ ミネラルファンデーションを選ぶ時には「クレンジングを使う必要が無い」も […]